英語ができない状態での海外赴任生活。少しずつでも準備をしなければ必ず苦労します。

「TOEICも900点持ってるから英語には自信があったのですが、現地での日常会話はまったくお手上げでした」

海外赴任を経験しているビジネスパーソンがよく口にするのが、このような感想です。

日本で参考書を読んだり、独学でビジネス英語を取得していたり、TOEICのスコアが高得点であったとしても、海外で生活をはじめると、普段使いの英語に苦戦している人がほとんどです。

それが「英語ができない!」「自信がない!」「話せない!」と焦りを感じている人であれば尚のこと。

英語が話せない…だけど、海外赴任中にはこのようなことが起きることを想定しておきましょう

部屋のエアコンが壊れた!どうやって修理を依頼する?

たとえば、これから住むことになるアパートで電気トラブルが起きて、エアコンが効かなくなったとします。そして、アパートまで修理に来てほしいので、道の説明を電話でしなければならない…そのことを、きちんと専門の業者に伝えられる自信はありますか?

急にお腹に激しい痛みが!病院できちんと症状を伝えられる?

原因不明の吐き気と高熱におそわれて、病院へ行くとします。その問診にきちんと答えられる自信はありますか?あるいは、救急車を呼ばなければいけない状態だった時、電話口できちんと症状と住所を伝えられるでしょうか?

英語が話せないと嘆いていても、海外赴任中は想定外の出来事の連続です

実際、海外生活をされた方は、このような思ってもいなかったことの連続で本当に大変だったと言っています。

日常生活の中で様々なトラブルが起きる可能性は絶対にあります。けれども、その時になって慌てるのでは、遅いですよね。もちろん、100%の英語力を身につける必要はありませんが、海外生活を送る上での備えとして、何か起きたときのための日常英語は必ず必要です。

海外赴任経験者のうち、英語が話せない人によっては引きこもる生活に陥りがちでした。

いつまでも英語ができないと悲観的なままでは、これから長く続く海外生活にいつまでも苦労し続け、場合によっては精神的なダメージを追ってしまうことだって考えられます。

海外赴任を経験された方が抱えていた悩みのの多くは、原因は英語にあることがほとんどです。「英語が出来ず、友達もいないので淋しい」「英語が話せないから、暮らしていくこと自体が大変。」「英語が喋れないから、思っていることが通じず環境に馴染めない。」「海外オフィスも日本人が多いので、いつまでも英語が上達せず、日常会話を交わすことができない」と、英語によって辛い思いをされている方が多いのです。

そこで何もしないのであれば、海外生活はずっと辛いままの時間が過ぎるでしょう。精神的に参って、ノイローゼになってしまう人も中にはいるようです。

海外赴任生活を楽しめるか楽しめないかは、やはり現地の人とコミュニケーションが取れるか取れないかにかかっていると言っても過言ではありません。よく海外で暮らせば自然に上達して話せるようになると言われますが、それは現地の人と積極的にコミュニケーションを取っているからです。海外赴任の場合、オフィスの人と喋る機会はいくらでもありますが、せっかくの海外生活なのに、自分のテリトリーの中で過ごすだけではあまりにもったいないことです。

しかし、仕事をしながら現地の語学学校に並行して通うのは時間的にむずかしいですし、そもそも住まいの近くに語学学校がある確約はありません。

スカイプ英会話で英語アレルギーを少しでも無くすのがおすすめです

私からのおすすめは日本の会社が運営しているスカイプ英会話で語学力を高めることです。スカイプで学べるスクールであれば、海外へ移り住む前から、日本でしっかりと準備が行え、そのまま現地でも引き続き受講し続けられるメリットがあります。日本時間の早朝や、深夜も開講いているスクールがほとんどですので、その点もオススメできます。

業界最大手のレアジョブは月額5,980円で毎日25分受けられて、授業内容はご自身で指定することが可能ですので、「こういう場合はどのような英語表現が良いか」を、毎回教えてもらうことができます。また発音の確認も同時に行えますので、語学力アップのための強力なトレーニングになります。しかも、マンツーマンレッスンなので、従来のスクールのようにまわりの生徒の目が気になることもありません。

英語はインプットばかりしていても、残念ながら何も身につかないのが現状です。自分の「間違い」や「苦手」「わからない」を自覚することで、より高い英語を話せるようになれるのです。英語に不安な方こそ、自分を守るための準備としての英語を身につけることをおすすめします。

ワールドビジネスサテライトや産経新聞でも紹介の英会話

  •  

このページの先頭へ